・ 代表の挨拶

「笑顔と喜びがあふれる地域創生の為に」

 昭和40年に土木・建築機械販売修理業として設立した弊社は、建設機械のレンタル業として事業を拡大し、平成12年に私が2代目を継承いたしました。

 

 その後、超高齢化社会の到来を前に、弊社として何か社会貢献できることはないかと考えていた中、院内感染が原因で患者さんが亡くなるという事件が起こりました。この事件に心を痛めたことがきっかけとなり、福祉介護分野への取り組みが始まりました。

 

 「使い捨ておしぼり」は人の命を救うことにもつながる・・・との思いから、病院介護施設向けの自動おしぼり機「プールス」のレンタル・リースの販売を開始いたしました。同時に、公益社団法人和歌山県病院協会の賛助会員にも加入しました。(後に和歌山県老人保健施設協会の賛助会員にも入会。)それは平成17年、 日本が初めて人口減少に転じた年でした。

 

 このようにしてスタートした弊社の介護福祉事業部は、現在では「マルトミケアハート」として、福祉車両レンタルや、搬送ストレッチャー「ストコン」、可搬型階段昇降機「らく段」をはじめとする福祉用具の販売へと事業を拡大し、最近では一般企業様から、複合機や酸素ボンベ等の荷物用階段昇降機の開発へのご要望をいただき、設計から製造・納品までご対応させていただいております。

 

 首都圏での営業展開のため、平成30年3月より東京大手町2丁目に東京営業所を開設、本格的な営業を開始しました。加えて、弊社は令和2年7月に和歌山県地域経済牽引事業計画「超高齢化社会に向けた福祉介護機器の分野における先進的地域を目指して」を和歌山県知事より承認頂き社業の発展を通して地域経済をけん引し、雇用を生み出していく役目を担っていく所存にございます。

 

 「介護に優しい」をキャッチフレーズに働き方改革を推進し、介護される側もする側もお互いをいたわり合える社会を目指し、今後も、病院・介護施設、そして、一般企業のニーズに寄り添った新製品を開発し、ご提供してまいります。精一杯努力してまいりますので、どうか何なりとお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

令和3年2月吉日

株式会社 マルトミレンタ

代表取締役 冨田 博文


沿革(介護福祉事業関連)


◇平成31年 6月 一般企業向け荷物用のオーダーメイド/OEMの階段昇降機を受注販売開始。

 

◇平成30年 3月 東京営業所開設 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルディング3階地方創生Lounge (わかやまビジネスサポートセンター内)

 

◇平成28年 11月 「マルトミケアハート」(福祉介護事業部)設立。

                  4月 大阪市の福祉介護用品開発販売会社と業務提携し、福祉介護機器の全国販売を本格的に開始。

                  2月 電動式昇降ストレッチャー(ストコン)で和歌山市チャレンジ賞を尾花和歌山市長より授与

 

◇平成23年 2月 病院・介護施設への車イス移動車両(福祉車両)トータルメンテナンス付長期レンタルを開始。ディサービスでの送迎用や個人利用もできる時間貸レンタルも実施。

 

◇平成19年 11月 公益社団法人和歌山県病院協会賛助会員に登録。

 

◇平成13年 4月 エコ事業部(現・介護福祉事業部「マルトミケアハート」)を立ち上げ、環境改善、防災関連商品、生活グッズなどの販売を開始。

 

◇平成12年 3月 冨田博文が2代目として代表取締役に就任。

 

◇昭和40年 4月 先代(現代表の父 冨田耕平)が和歌山市紀三井寺駅近くの興行を借り上げて創業。コンプレッサー、大型発電機、ブルドーザーを修理・販売する。その後、和歌山市井戸(現在の事業所)に移転し、建設機械のレンタルを開始。

 

注:複合機運搬用に受注し開発した荷物用階段昇降機

平成31年6月

注:和歌山市尾花市長と撮影(市長より和歌山市チャレンジ新商品認定を賜る)

平成28年2月



企業概要


会社名:株式会社 マルトミレンタ

 

設立:1965年4月10日

 

資本金:4,000万円

 

所在地:

[本社]和歌山県和歌山市井戸189番地の1

[東京営業所]東京都千代田区大手町2−2−1 新大手町ビル3階(xLINK大手町コンセントレーションルーム内)

 

TEL:073-479-1321

 

FAX:073-479-3089

 

代表取締役:冨田 博文

 

受賞歴等:「地域経済牽引事業計画」(和歌山県/2020年)認定 「1社1元気技術」に可搬型階段昇降機らく段承認(和歌山県/2017年)登録  「チャレンジ新商品」に電動昇降式ストレッチャー(ストコン)・可搬型階段昇降機 らく段・荷物用階段昇降機ボギー承認(和歌山市/2017年・2018年) 「和歌山県経営革新計画」(和歌山県/2016年・2017年・2018年・2019年)承認 和歌山県から補助金を頂き、全国の展示会に積極参加 30ケ所以上に出展

 

加盟団体:

[会員]和歌山商工会議所、和歌山県経営者協会、和歌山県倫理法人会

 

[賛助会員]和歌山県老人保健施設協会、公益社団法人和歌山県病院協会

 

取引先金融機関:きのくに信用金庫鳴神支店、商工組合中央金庫和歌山支店、日本政策金融公庫和歌山支店、三井住友銀行和歌山支店、紀陽銀行神前支店、池田泉州銀行和歌山支店

 

*注 ↓(和歌山県地域牽引事業計画)承認書 

*注(1社1元気) 和歌山県内の中小企業のこだわりのある技術、その技術を使用した製品を「1社1元気技術」として登録し、県内外に広く情報発信することにより、本県産業のイメージ及び知名度の向上を図るとともに、新技術開発及び新製品開発の機運を高めることを目的とした制度になります。

*注(和歌山市チャレンジ賞)市内の中小企業者(法人・個人)が開発した優れた新商品について、和歌山市が「チャレンジ新商品」として認定し、PR等の支援を行います。また、認定商品のうち最も優れていると認めるチャレンジ新商品に対し、年度ごとにチャレンジ新商品グランプリを授与します。